IPSセミナー:7月東京

7月 31, 2011

IPS主催で開催しています「IPSセミナー」。

先日、7月20日(水)には、東京で開催致しました。

 

前半では、

「IPSという企業を、そして、製品をより強く感じていただきたい」

ということをテーマに。

実際に、ご来場者の皆様に、

IPS商品の美容液PP1とPP2を体験していただきました。

  

後半では、

「IPSが推奨する“生き方”について」

「ビジネスをしていく上で欠かすことのできない“考え方”について」

ということをテーマに、進めさせて頂いております。

  

そして、後半にあるコーナー「My Story」では、

IPSに携わってから、「こんな風に変わった!」「こんなことに気付いた!」

というようなお話を販社長又は、代理店の方にして頂きました。

 

そんな「My Story」。

東京会場では、2名の方にお話頂きました。

 

まずお一人目が、「伏見沢世 代理店」。

伏見代理店は、とにかく美しくなることが大好き!

IPS商品が、大好き!

昔から、化粧品を自分に投資してきて、日本国内メーカーは、全て使い尽くしたそうです。

そんな伏見代理店が、IPSと出会われ、「これならいける!」と思ったそうです。

『IPSの商品を使い始めてから、3~4日で、友人から、

“化粧品、変えた?”って言われるようになって。

それまでも、高価な化粧品を使っていたのに…(笑)。

1週間、2週間経って、自分でも“あれ?”って、これはすごいことかもしれない!って。

2歳年上の姉がいるんですが、姉も美容オタクなんですが(笑)、

姉も、私の顔を見て、“あなた、すごいよ!”って。私も買いたい!って言ってくるんです。』

 

お二人目は「萩原恭子 代理店」。

萩原代理店は、お花屋さんを経営されていらっしゃるそうです。

お花屋さんを切り盛りしながら、IPSの活動も両立されているとのこと。

上位の長谷川販社長からは、とにかく真面目で、コツコツ努力をされるタイプで、

IPSが大切にしている、素直・正直・真面目にとても当てはまる方だと仰っています。

『IPSと出会って、お金では買えない、

健康・若々しさ・同じ方向に向かって励ましあえる仲間を手に入れられると思います。』

 

「美しく、新しく」のブランドスローガンのもと、

皆様、お1人お1人の美しさと健やかさをサポートしていきたいと考えております。

ご参加いただく皆様、どうぞご期待ください!

 

(体験談としてお話して頂いている内容は、

あくまで個人のご感想になりますこと、ご了承ください。)

株式会社IPSコスメティックス

0

IPSセミナー:7月名古屋

7月 30, 2011

IPS主催で開催しています「IPSセミナー」。

先日、7月14日(木)には、名古屋で開催致しました。

 

前半では、

「IPSという企業を、そして、製品をより強く感じていただきたい」

ということをテーマに。

実際に、ご来場者の皆様に、

IPS商品の美容液PP1とPP2を体験していただきました。

会場内は、皆様の笑顔で、いっぱいでした♪

 

後半では、

「IPSが推奨する“生き方”について」

「ビジネスをしていく上で欠かすことのできない“考え方”について」

ということをテーマに、進めさせて頂いております。

  

そして、後半にあるコーナー「My Story」では、

IPSに携わってから、「こんな風に変わった!」「こんなことに気付いた!」

というようなお話を販社長又は、代理店の方にして頂きました。

 

そんな「My Story」。

名古屋会場では、2名の方にお話頂きました。

 

まずお一人目が、「柏原聡美 代理店」。

柏原代理店は、IPSと出会う前は、エステを経営さえていたそうです。

PP3の泡を体感した時に、「なにこれ!すごい!」とびっくりされ、

IPS商品が大好きになったそうです。

『初めて、IPSを紹介された時、

“とにかく体験してみてください”と言われて。

これはスゴイ!って思いました。

一生懸命に、自分のお客様にキレイになっていただいて、

ちょっとずつ、ちょっとずつ、新しい方に出会うように、外に出かけるようにしています。』

 

お二人目は「熊沢洋子 代理店」。

熊沢代理店は、料理が得意で、

ホームパーティに来られた方に料理を振舞うのが、大好きだそうです。

そして、常に前向きで、エネルギッシュで、人に会うのが大好き!

尽くすことが大好きで、いつも一生懸命な方だそうです。

『IPSに関わって、8年になります。

石鹸のPP3の、滑らかさ、ツルツル感を感じた時は、すごい驚きました!!』

 

「美しく、新しく」のブランドスローガンのもと、

皆様、お1人お1人の美しさと健やかさをサポートしていきたいと考えております。

ご参加いただく皆様、どうぞご期待ください!

 

(体験談としてお話して頂いている内容は、

あくまで個人のご感想になりますこと、ご了承ください。)

株式会社IPSコスメティックス

0

菅原明子先生の美肌レシピ『アーモンドクッキー』

7月 29, 2011

保健学博士 菅原明子先生の、美しくなるレシピをご紹介いたします。

今回ご紹介するレシピは『アーモンドクッキー』です。

 

重曹の作用でサクサクとしたアジア風味のクッキーに仕上がります。

アーモンドはビタミンEをはじめ、

ミネラルや鉄分、カルシウムなどの栄養素が豊富で、

少量で栄養補給が可能です。

疲れやストレスが溜まっている時に、是非食べてください。

 

■アーモンドクッキー

□材料(16個分)

・アーモンド…16粒

・ショートニング…50グラム

・三温糖…40グラム

・卵…1個

・薄力粉…100グラム

・重曹…小さじ1/5

※ショートニングは同量のマーガリンで代用してもよい。

 

□作り方

下準備…卵は溶きほぐし、半量ずつ分けておく。薄力粉はふるっておく。

     天板にオーブン用シートを敷く。

     オーブンを170℃に温めはじめる。

①アーモンドは飾り用に8粒取り分け、半分に切る。残りは粗く刻む。

②ボールにショートニングを入れて泡立て器で練り混ぜ、三温糖を加えてよく混ぜる。

 砂糖のざらつきがなくなったら、溶き卵の半量を加えてよく混ぜ、滑らかになったら、

 薄力粉を一度に加えて、ゴムベラでさっくりと、ひと混ぜする。

③アーモンドを加えて、よく混ぜる。

 粉っぽさがなくなったら、水小さじ1で溶いた重曹を加え、ひと混ぜする。

④生地を16等分にして丸め、平たく伸ばす。

 間隔を少しあけて天板にのせ、残りの溶き卵を塗り、飾り用のアーモンドをのせる。

 170℃のオーブンで、15分焼く。

⑤完成

 

株式会社IPSコスメティックス

0

『charmy』ゲスト情報!!

7月 28, 2011

7月30日(土)オンエアの「IPS COSMETICS presents charmy」 では、 

ゲストに、モデルの『富岡佳子 さん』をお迎えしてお送りします。 

 

富岡佳子さんは、

IPSコスメティックスの記念すべき初の広告が掲載されます

「STORY」の表紙モデルをされている方になります!

そして、ドンドン若返る脅威の40代のカリスマモデルとして、

脚光を浴びておられます。

  

そんな富岡佳子さんを迎えての、「charmy」♪

7月30日(土)をお楽しみに!!

 

株式会社IPSコスメティックス

0

『素顔スタイル』…小島絢子販社長④

7月 27, 2011

全国におられるIPSコスメティックスの販売会社。

その販社長って、どんな方なのでしょうか?

お仕事の話だけでなく、

「こんなところがあったの!?」というような、

販社長の意外な一面を発見したり!?

題して『素顔スタイル』!!

  

お一人目は、小島絢子販社長です!!

小島販社長の「素顔スタイル」を4回に分けて、お届けしていきます。

今回は、その4回目です。

  

□小島絢子販社長

販売会社名…有限会社ヨウコウ

京都に事務所を構え、活動をされています。

  

高学年の頃、本が大好きでした。

図書館に行って、毎日5冊くらい本を借りてきていたね。

   

好きなことを精一杯やった。

で、「決めた」ら、とにかく、やった。

登山クラブに入った時も、父親がめちゃめちゃ怒ってた。

「女の子が登山クラブって、どうたらこうたら!!」って。

でも、私は、「そうかぁ」って、怒らしていた(笑)。

だって、私は、もう「決めてる」から。

怒ろうが、何しようが、もう「決めてる」から。知らん顔。

  

窓から、夜のうちに、荷物を放り出して(笑)。

寝たふりして、で、朝の3時くらいになったら、もう勝手に出かけていた。

「決めた」ら、何がどう言おうが、やっていた。

お金があってもなくても、欲しいものがあったら、

「あれ買って」って、買ってくれるまで、親と口をきかない(笑)。

何をどういっても知らん顔。親が根負けするまで、辛抱。

自分の決めた目的については、厳しかったんだと思う。

   

今は、可能性に向かって、こうだね、ああだねって言える人がいると楽しい。

誰よりも、夢の可能性を語るのがうまい、って現場で言われてる。

この人についていけば、なんとかなるんじゃないかな、って。

いつも言ってるのは、「あなたの為にしているんじゃないよ。」って。

「私が、もっと幸せになりたいと、思ってるから、やってるから」って。

   

ほんと、仲間がいてくれて、ありがたい。

京都ZAKK。それぞれに味が違う。

だから、もっとZAKKの仲間を増やしていきたいと思う、その想いを。

どこの人が来ても、何をしても、別に、想いがあればいいと思う。

やっていて、楽しい仲間であればいい。

そうすると、私からみたら、みんな、それぞれ味が違う。

それぞれ違うのを活用するのは、昔から上手でしょ、私(笑)。

好きなことを好きな人がやって、輝いたらいいと思う。

  

※取材させて頂いた日の、小島販社長のコーディネイト!!

涼しげなジャケットも、お洒落です♪

 

※小島販社長の活動のご様子は、「ぱたぱたの小箱」のこちらへ!!

 

次回、8月3日(水)の「素顔スタイル」は、三浦静子販社長のご登場です!

 

株式会社IPSコスメティックス

0

『IPS COSMETICS presents charmy』レポート!!

7月 26, 2011

この“IPSコスメティックス公式ブログ”では、

「IPS COSMETICS presents charmy」 のオンエアに合わせ

オンエアでは聞けなかった収録現場の様子などを紹介していきたいと思います!

7月23日オンエアのテーマは 「本、読んでいますか?」

夏休みのこの時期、読書をする人も増えるかと思います。

あるアンケート、

「あなたは普段、一ヶ月に雑誌・漫画以外で何冊、本を読んでいますか?」

という質問では、

・1冊…19%

・2~3冊…28%

・10冊以上…6%

という結果だったそうです。

最近のインターネットや携帯などのメディアの多様化で、

「活字」に触れる機会は増えたものの、

実際に、本を手にして「読書」をする人は減っている傾向のようです。

…ということで、今回は

井上会長からは、「本を読む魅力」について

・本屋さんに行くこと自体が、読書の始まり。

・たくさんある本の中から一冊を選ぶというのは、ある意味「本」との出会い。

…といったお話がありました。

詳しくは、「IPS COSMETICS presents charmy」 ブログにてご確認ください!

株式会社IPSコスメティックス

0

IPS WEB会員の皆様へ、お知らせです。

7月 26, 2011

IPSコスメティックス公式ホームページの上段右側に入口があります、

“IPS WEB会員専用サイト”にて、

『IPS公式ホームページ画面印刷用ファイル』がダウンロードできるようになっています。

 

このファイルは、

「IPSコスメティックス公式ホームページ」の

・「ブランドメッセージ」

・「会社情報」

・「製品一覧」

の画面を印刷しやすいように、1つのファイルにまとめたものです。

   

「IPSコスメティックスのホームページをキレイに印刷したい」という時に、是非、ご活用ください。

 

株式会社IPSコスメティックス

0

雑誌広告掲載のお知らせ

7月 23, 2011

8月1日発売(9月号)の

「STORY」(光文社発行)に、

当社の企業広告を掲載します。

「STORY」は、

ファッションやビューティ、ライフスタイルを中心とした内容で、

人生を満喫する、知的と好奇心に溢れた女性に送る生活情報誌です。

また、ファッションに限らず、コスメやジュエリー、スポーツ、

そして生き方までも含めたライフスタイルのあらゆる面で

「頑張る人」を応援しています。

そんな雑誌「STORY」に、当社の企業広告を掲載いたします。

是非、ご覧頂ければ、幸いです。

株式会社IPSコスメティックス

0

菅原明子先生の美肌レシピ『まぐろのごま醤油漬け丼』

7月 22, 2011

保健学博士 菅原明子先生の、美しくなるレシピをご紹介いたします。

今回ご紹介するレシピは『まぐろのごま醤油漬け丼』です。

 

精神を安定させてくれる、トリプトファンが豊富に含まれるまぐろとごまを使った、

女性には嬉しい、家庭でもおいしい丼。

気分の落ち込みの多くは、セロトニンの減少により起こると考えられます。

セロトニンはトリプトファンという栄養素から出来ます。

トリプトファンは、たんぱく質に含まれている必須アミノ酸で、

肉、魚、大豆などに多く含まれています。

まぐろの赤身には、精神安定作用、抗うつ作用のあるトリプトファンを含み、

老化防止を期待できるビタミンEも豊富です。

 

■まぐろのごま醤油漬け丼

□材料(2人分)

・まぐろ赤身…150グラム

・醤油…大さじ1

・白すりごま…大さじ1/2

・だし汁…大さじ1

・発芽玄米ごはん…2膳

・黒酢…大さじ1

・三温糖…大さじ1/2

・塩…小さじ1/4

・のり…適量

 

□作り方

①まぐろは2センチ角に切り、醤油、すりごま、だし汁を合わせた中に漬けておく。

②炊きたての発芽玄米に黒酢、三温糖、塩を合わせたものを混ぜ合わせて、

 酢飯を作っておく。

③丼に“②”の酢飯を盛り、“①”のまぐろをのせ、のりをあしらう。

④完成

 

株式会社IPSコスメティックス

0

『素顔スタイル』…小島絢子販社長③

7月 20, 2011

全国におられるIPSコスメティックスの販売会社。 

その販社長って、どんな方なのでしょうか? 

お仕事の話だけでなく、 

「こんなところがあったの!?」というような、 

販社長の意外な一面を発見したり!? 

題して『素顔スタイル』!! 

   

お一人目は、小島絢子販社長です!! 

小島販社長の「素顔スタイル」を4回に分けて、お届けしていきます。 

今回は、その3回目です。 

   

□小島絢子販社長 

販売会社名…有限会社ヨウコウ 

京都に事務所を構え、活動をされています。 

   

 

あんまり、勉強は好きじゃなかった。 

けれど、成績だけは取らないといけなかった。親がうるさかったから。 

だから、“手段”としてはやってた。だから、成績は良かったよ。 

でも、成績は良かったけど、全然実力は付いてない。 

だって、一夜漬けだから。 

あんまりノートもとらなかった。 

先生が黒板に書いているの、全部ノートに書いていっていたら、 

教科書といっしょになっていくわけでしょ。 

それよりも、ぽけーと聞いていて、 

先生の声の質が変わる、大切なところとか、そういうところに、 

赤、青、黄色って、教科書に線だけ引いていたよ。 

要領魔だったのかも。 

とにかく、人を活用してた。 

  

生きる術を小さい頃から、持っていたのかも。 

   

なんで、そういう風にできるようになったのか。 

キッカケとかは、特にないかなぁ。 

それは、いい成績を取らないといけない、ということだったからかな。 

   

家庭科なんかも、まったく何もできなかったよ。 

でも、得意な人はいっぱいいるでしょ。そういう人を、みんな活用した。 

先生なんか、特に活用したよ。 

「先生、ここね。うまくいかないんです」っていう。 

そしたら、先生が、「みなさん、集まって」って、 

私のを使って、手本にして作ってくれるから(笑)。 

私にしたら、やってもらったら、ラッキー。 

そのポイントだけをしてもらったら、いいわけでしょ。 

   

その局面局面のところがうまくいったら、いいわけでしょ。 

「これは、この人に頼んだらいい」とか。そこが上手だったんだと思う。 

 

今も同じ。 

小さい頃にしていたことを今もしてるだけかな。 

しゃべるのがうまい人に、しゃべってもらったらいい。 

よく考えたら、小さい頃と何も変わってないのよね。 

得意分野だけをうまく活用してるだけ。 

それを現場でもしてるだけ。そうしたら、しんどくないでしょ。 

でも、やり続けてると、 

また、ポイントがわかってくるから、やりやすくなるんですよ。 

今の仕事も、同じだと思ってるから。  

 

   

※今までのIPS商品が、キレイに展示されていました !! 

  

手前にあるのは、「白い」アニオン!!

実は、発売当初のアニオンは、「白色」だったんです♪

 

次回の「素顔スタイル…小島絢子販社長④」は、7月27日(水)を予定しています。 

※小島販社長の活動のご様子は、「ぱたぱたの小箱」のこちらへ!! 

  

株式会社IPSコスメティックス

0